29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

出来たてホヤホヤの杵築市立図書館へ行ってきたヨ

スポンサーリンク

ラララ~花の無職…

どうもよよよです

最近当ブログでは俺すごい!なドヤ記事ばかりで、外の写真を載せていないでしょう?

それもそのはず、この一週間くらい全く外へ出ずに引きこもってゲームやアニメ鑑賞していましたから

そろそろ下界へ降りて、民草の暮らしぶりを覗いてやるかとお忍びで散歩へ

「あの~よよよさん、移住してからというもの国東市や別府市の紹介ばかりで肝心の杵築市の紹介がまだまだ足りてないですよね?」

という読者の鋭い意見も聞こえてきます

まぁなんといいますか、今後ブログの運営を続けて行くうえで、杵築市の情報は他の市以上に小出しにしていかないと、すぐに紹介できる見どころがなくなりそ…ゴホンゴホン

見どころがたくさんあってどこから紹介していいか迷ってしまうんですよねぇー!

というわけで今日は杵築市を散策

無職は図書館とパチンコ店に集まる、という伝説の通り、3月24日から利用可能となった出来たてほやほや杵築市立図書館に吸い寄せられるように行ってきましたよ

f:id:Jinseiyoyoyo:20180416202046j:plain

f:id:Jinseiyoyoyo:20180416202053j:plain

わぁ、図書館の前からして新しい建物の匂いがする~

そして見てください、このヒノキで出来た自動ドア 開閉するたびシュルシュルと小気味の良い木の擦れる音が聞こえて自然の温もりがあります、自然豊かな杵築市を象徴していますよね

また、城下町として有名な杵築市ですから、新図書館も白い壁と瓦の屋根で日本の家屋をイメージした造りになっており、周りの歴史ある木造建築とマッチした素晴らしい外観です

f:id:Jinseiyoyoyo:20180417131055j:plain

ちなみにこちらが以前の杵築市図書館となります

老朽化が進んでおり、大きさもこじんまりとしていました、これはこれで味がありますが…

今では固く閉ざされその役目を終えています

新図書館の一角では、今まで頑張ってくれた旧図書館に対して子ども達へのメッセージが添えられていて微笑ましかったですね

これからは旧図書館に代わって、新図書館くんが杵築市民の学びの場として活躍してくれるでしょう

で、肝心の図書館の中の写真なんですが、事前に撮影許可を取ろうと図書館に電話したら「撮影は許可を取ればOKだが、個人のSNSへのアップロードはNG」とのことです

まぁ今どきなにを書かれるか分かったもんじゃないですからね~、図書館はどこも基本撮影禁止ですから許可を取ればイイよ、というだけ優しいほうでしょう

しかし自称杵築市応援隊の隊長の僕としては他の煽りブロガーはともかく、僕だけは許してほしかったな、という気持ちはないではありません

ハァ、ワガママ言ってもしょうがないので、自由な無職だからこそ秩序は守らなくてはいけません、よって図書館内の写真はありません

でも、皆さんにもお見せしたかったですよ、綺麗な新図書館の内装…

ぜひ皆さんにも訪れて頂いて自分の目で確かめて欲しい!と誤魔化しておきましょうかね

入ってみると天井が高く広々とした空間に書架が整理良くならんでおり新しい建物の清潔感も手伝ってなかなか壮観でした

市の図書館としては10万冊はわりと多い蔵書数だそうです

確かに旧図書館の建物には入らないであろう本の数々、新図書館建設にあたり寄贈された本も多くあるとか、まさに住民たちで作りあげた図書館といっていいでしょう

子どもが絵本を座って読めるスペースやお年寄りに優しいゆったり座れるソファ椅子、住民のことを考えて作られているなと思いましたね

住民たちが住民たちのことを考えて作った図書館、自称名誉杵築市民のわたしが使いづらいはずがありません

そして二階は読書に集中にできるように席ごとにしきりがある机がありました

学生が勉強するのに使われそうですね

今どきの子供達は家だとマンガだのパソコンだの誘惑が多いですから、こういう場でしっかりと勉強して欲しいですね、誘惑に負け続けたよよよおじさんはそう思います

なんと実はこの図書館には珍しく飲食スペースがあり、軽食を食べながら借りた本を読むことができるんです

なんと給茶機まで設置してあり至れり尽くせりです

仕方のないことだと思いますが本や床を汚すから食べ物持ち込み禁止!となっている図書館が多い中、市民に寄り添う杵築市立図書館はリラックスしながら本を読むためにお茶まで用意してくれる、杵築市民で良かった…

事前にこの事を知っていたクレバーな僕は、この日、おにぎりを家で握ってきて三国志漫画を読みながら、お茶を飲みおにぎりを食べるというなんとも優雅なひとときを過ごしました

若い無職男性はどこへ行っても煙たがられる、だけど、この杵築市立図書館だけは暖かく迎え入れてくれるのだ

夏も冬も空調が効いていて、お茶も飲め本を読める…

無職が図書館に入り浸る気持ちがわかった気がします

あまり活字の本は読まないのですが、これだけ本を読む環境がお膳立てされてしまっては、いち無職としては本を読まないわけにはいきませんね

これからは頑張って時々図書館へ通い本を読もうかな?

皆さんも杵築市へ移住して出来たてほやほやの図書館で素晴らしい無職ライフをエンジョイしませんか?

無職最高!杵築市立図書館最高!