29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

高度でプロフェッショナルな無職なので残業代が払われません!助けて!(><)

スポンサーリンク

俺の名前は人生よよよ

ちょっとニヒルな29歳無職さ

そんな俺っちがネットサーフィンをしていたら世間が高プロがどうだのと騒いでいるのを見かけた

高度でプロフェッショナルな社畜は残業代も払わせられずに働かせられる!だそうだ

はえー、知らないうちに労働者がさらに苦境に立たされているのか

これからは過酷な労働者ディストピアが訪れる、思わず手を合わせてしまうな…合掌…ちーん

「出たよ、よくも知らず人気の話題いっちょ噛み。よよよさんは無職だからなんの関係もないですよ。在職中だったとしてもダンボール係で手取り10万円代の人間にはなんの関係もありません、お家へお帰り!ハウス!」

でも、将来、適用範囲の年収も職種も広げる可能性があるとか聞きましたよ

働き続けていたら僕がダンボール係の高度プロフェッショナルと見なされて休みもろくにとれず無限にダンボールをたたみ続ける可能性もあったわけじゃないですか!

過労でダンボールたたみ死なんてごめんだ

良かった、社会がそんな風になる前に辞められて…

たまーに聞くよな

もっと仕事したいけど残業規制のせいで働けない…ていう人

まったく理解はできないけど、そういう人達にとっては朗報なのかな

でもそういう仕事大好き!仕事が生きがいなんですぅ、という人にこそ法律のストッパーが必要なんじゃないの

自分を完全に客観視できて制御できるなら過労死なんて起きないだろ、自分のことは分からないんだよ誰も

仕事の虫に仕事を与えてはいけません

というか昔に健康で働くためには1日8時間週40時間ぐらいじゃないとね、って決めたんじゃないのか

その前提はどこへ行ってしまったんだ…

しかしずいぶん経営者に都合いいな

万歩譲って、もっと働きたい労働者のために残業規制から解放しよう、というのはまぁ置いといて

なぜそれで残業代払わなくて良くなるんだ?8時間超えたら払いましょうよ、「時間ではなく成果で働くんだ」なんてしゃらくさいこと言ってないでさ

個人事業主じゃあるまいし経営者が自分の事業を完遂させるために人を雇って高度なプロフェッショナルの時間を拘束してるんだから、時間のぶんも成果のぶんも払いましょうよ、そこは!残業代を払わなくていいなんて都合が良すぎる

柔軟で多様な働き方ねぇ、勝手で横暴な働かせ方の間違いじゃないのか

賛成派の言い分として、「高プロは任意で強制じゃないから」というのをよく聞くが… みんな言ってるけど有給も取れない残業も休日出勤も断れない日本の社畜が断れるわけないよな

俺が経営者なら断らなそうな気弱な労働者から高プロにして、反抗してくる労働者の外堀を埋めていくね

「この職場でキミだけ高度プロフェッショナルじゃないんだけどwダッサwww」

そういう雰囲気を作っていくね、ウン

だからいつも言ってるだろ?日ごろから有給休暇をとったり権利を行使する姿勢を見せないと舐められるって

そのうち、税金の出費を抑えるためにパート時間を調整する主婦のように、高プロの適用範囲にならないように年収を抑えようとする人が出てきたりして…(笑)

そんな努力むなしく適用範囲がどんどん広がって低収入な労働者でさえみんな高プロになったりして…

良かったな!みんな!高度なプロフェッショナルだと評価されて!(笑)いいなぁー、羨ましいなぁー

まぁでも、これは俺にとっては追い風じゃないか?

労働環境が過酷になればなるほどセミリタイア生活への憧れは強くなり読者も増えてウハウハ

よりセミリタイアブロガーの価値が上がり、労働者へのマウントがはかどるわ

世は大セミリタイア時代!となるのか?

この機会に考えてみてください

家賃1万円アパートでガスなし貧乏生活を送るよよよさんが全部正しかったんだってこと…

高度でプロフェッショナルの無職にも残業代なんて支払われません

だけど報酬は、なににも縛られない自由さ…それに比べればプロと呼ばれる名誉も残業代も些細なこと

どちらが泥の船に乗っているのか?しばらくすれば分かるでしょう

僕をバカにする皆さんと僕、どちらが正しかったか、皆さんがその身で感じることにならないといいですね