29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

人が人と関わり続ける限りいじめやパワハラが無くなることはないと思います

スポンサーリンク

どうもよよよです

f:id:Jinseiyoyoyo:20180802151459j:plain

ひどいですね…それはパワハラと言うよりただの暴力なので職場がどうとかいう枠を超えているでしょうね

わたしは前から言ってますが、世界からいじめやパワハラというのは無くすのは絶対に無理だと思っています

人間は実は猿山の猿からなにも成長していない、いつもはカッコつけていますがすぐに他人より自分は上だと主張したがります、ネットでの自己主張が強い連中を見れば分かるでしょう

自分は強い存在だと思われたい、それはもう動物の本能だと思います

いじめやパワハラはその延長線上にあるもので、小手先なことでは防ぐことはできない

人生に不満を抱える人にとっていじめとは楽しいものです

そして、世間には不満を抱える人はたくさんいる、特に辛い日々を送る労働者にはね

世間の人はそのストレスを酒で誤魔化したりネットで悪口を書いたり、皆さんをいじめることで解決します

人が2人いれば上下関係ができ、上下関係が度を超えるとトングで根性焼きしたりするんでしょう

人が人と関わり続ける限りいじめやパワハラが無くなることはないと思います

他人をいじめるのが人間という生き物だから、としか言いようがありません

いじめやパワハラから完全に逃れるためには、団体に属さず1人で生きるしかありません

わたしは猿山から抜け出した、ある意味本当の人間なんです

まぁでも運よくわたしの働いていた工場には言うほどひどい人間はいませんでした

むしろ今思うと優しい人ばかりでしたね

そんな良い環境にいながら当時はあまりの働きたくなさから、自分に降りかかる不幸を周りのせいにしていましたが…

最近気づいたんです

辞める理由を他人や環境のせいにすると、つまりそれが解消されれば働いてもいいと言っているのと同じだということに

よく読者からもその辺は突っつかれてましたね、「そんなに文句があるなら転職しろよ」と

どこかで仕事を辞めることに後ろめたさを感じていたのかもしれません

だから、周りが悪いのだ!と正当性を主張し自分のことから目を逸らしていたのかもしれません

今思うとそれもまたひとつの自分を大きくみせる行為なんですよね、こんな仕事をいつまでも続けるお前らはバカだ!俺はクレバーだ!と自分を大きく見せようとした、全く意味の無い虚栄心です

環境や他人が悪い、それは正当性があるようで仕事をリタイアするにはとても弱い理由です

俺が働きたくないのはあくまで「俺」が原因であり、周りから左右されない俺から産まれでる欲望だということを認めないといけない

「あんなゴミみたいな会社辞めてやったぜ!」

威勢がよく見えますが、それは結局環境に流された結果なんです、弱い選択です。以前の僕はこれでした

「そこまで悪くない会社だったと思うよ。でも働きたくないからやめたよ。」

今の僕はこれです、強靭な自分の信念に基づいた行動、僕の今後のセミリタイア生活にはこれが必要だと気づきました

皆さんはどうですか?セミリタイアを目指す理由を他人に求めていませんか?

その他人がいなくなれば皆さんはどうしていいか分からなくなり「よよよさん、セミリタイアしたけどやることがなくて困っています…」などという質問を僕にしてくる事態になってしまうのかもしれません

他人への悪意もまた、他人への依存なのです

セミリタイアするなら他人への依存はやめなければいけない

せめてこのブログをご覧の皆さんはパワハラやいじめで他人より優位を感じる社畜にはならないでください、自分の価値は自分で決め、あるべき自分を目指し進んでいってほしいと僕は思います