29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

ただこの漫画の国東愛に包まれていればそれでいいのです ~漫画 かたるし 紹介レビュー~

スポンサーリンク

どうもよよよです

ブロガーの本を買うくらいなら貯蓄した方がいいと言っておきながら、さっそくの出費です

とあるマンガを買いました

国東市在住の漫画家アキヨシカズタカさんの作品「かたるし」です

f:id:Jinseiyoyoyo:20180815163903j:plainかたるし第1譚より引用

今日はこのマンガについて真面目に紹介・レビューしたいと思います

国東市に来てから神仏が見える不思議な力を得た少女「ののか」がYAMAHAメイトに乗り国東市で様々な体験する、というのがこの漫画のあらすじになります

この漫画は私が住んでいる杵築市のお隣、国東市が舞台となっており、非常に地元密着度の高い作品になっています

日本が舞台になるアニメマンガは数あれど、その要素はあくまで物語の合間に背景がチラッと映りこんで登場するだけであるのが普通でしょう

そういった他のマンガアニメ作品は鳥取が舞台だけどメインは世界征服だったり、大洗が舞台だけどメインは戦車だったりするわけです

ですがこの「かたるし」は舞台が国東市、加えて物語のメインの焦点も国東市、国東半島に当てられています

f:id:Jinseiyoyoyo:20180815164617j:plainかたるし第2譚より引用

この漫画の1ページ1ページ、国東半島に関係ないところはない、と言っていいのでは

ここまでメインを特定地域に据えられた作品は珍しいのではないでしょうか

なんとなしにコマに映る風景には実際に作者のアキヨシカズタカさんがメイトに乗り巡って取材をしたのであろう国東半島の景色が描かれています

その取材の様子はアキヨシさんのTwitterで垣間見ることができます

国東市をメイトで走るアキヨシさん、僕ももしかしたらお見かけしたことがあるのかもしれません

漫画を読んでいると見たことがある風景がいくつもあり「ここ知ってる!」と1人キャッキャと思わず30男が楽しくなってしまいます

「かたるし ~ののかの国東不思議探訪~」とタイトルにもなっているくらいですからね

メインは国東半島!これが杵築市盛り上げ隊隊長の僕に刺さらないはずがありません

ストーリーは、ののかが国東地域に住む神仏に頼み事をされたり触れ合うことで展開し、国東半島の風景も相まって神秘的な雰囲気がありつつもゆったりとした独特なペースで進みます

神仏といっても可愛く描かれていて、とっつきやすいです

f:id:Jinseiyoyoyo:20180815165516j:plainかたるし第二譚より引用

刺激的な展開を求めている方向きではないのかもしれませんが、日頃、サラリーマンとして精神をすり減らす皆さんにとって、ののかと可愛い仏様のやり取りは良い清涼剤となってくれるでしょう

私が驚いた点をひとつ、書き込みの多さは漫画の面白さに直結しないのは分かってはいますが、それにしてもこの漫画の書き込みはすごいと驚かされるコマが何ヶ所もありました

それは国東の風景だったり、国東の郷土料理を描いたシーンだったり様々ですが、なんとかして自分が見たままの国東を伝えたい!という作者さんの気持ちを感じましたね

f:id:Jinseiyoyoyo:20180815172539j:plain

妥協を感じさせないプロの仕事を見た思いです

心温まるホンワカとした雰囲気な漫画ではありますが、作者さんの作業量を考えるとホンワカとはいかないのだろうなと考えてしまいますね

YAMAHAメイトへの書き込みもバイク愛を感じるものでありメカ好きな人にとってはたまらないでしょう

まぁ作者さんの作業量の話はそれはそれとして、我々読者はただこの漫画の国東愛に包まれていればそれでいいのです

まだ1巻読み終えたばかりだというのに不思議な読了感がある漫画でした

ののかも、カワイイしねぇ…(恍惚)

現在読めるのは最近発売されたばかりのこの1巻だけとなっていますが、今後、ののかが神秘の国東半島で一体どんな体験をするのか?私も続きを楽しみに待ちたいと思います

あまり褒めちぎっていてもレビューにならないので、最後にこの漫画への不安を言っておくと、舞台もメインも国東だとなると、国東半島をよく知らない・興味がない人にはなかなか手に取ってもらいにくいかな?と私は思いました

だからこそ国東半島をよく知らない皆さんに丁寧に国東半島を描写したこの漫画は読んでもらいたい作品であります

このブログを通じて杵築市でセミリタイアしたい!というブログ読者も増えていることですし、ぜひ今後とも当ブログと共にこの漫画で国東半島に関しての知識を深めていただきたいですね

ここまで国東半島愛が深いこの漫画をこのブログが紹介しないでどのブログが紹介するんだ!ということで紹介させていただきました

以上です

Kindle版Amazonアフィリンクを用意してあげたのでここから買おう!⤵︎⤵︎⤵︎

Kindle版ではないコミックスはこちら↓↓