29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

転売屋は俺のような社会性のない人間の受け皿だから、容認派です

スポンサーリンク

マスクの転売横行 アプリで定価10倍超も 新型肺炎で買い占めか(時事通信) - Yahoo!ニュース

どうもよよよです

新型ウィルス関連でマスクがオークションサイトで高値で転売されているらしい

都会では品薄でどこにも売ってないとのこと

乞食案件で小遣い稼ぎ大好きの僕といえど流石にドン引きのニュースだ

あんな一枚の布が万単位で売れるのだから転売屋は笑いが止まらないだろうが…

転売に関しては嵐のチケットだのニンテンドーSwitchなどでたびたび問題になり、「転売ヤーは消えろ」と世間の人々から嫌われているが、僕自身は転売に対しては出来れば規制などはしてほしくない容認派だ

もちろん僕自身メルカリなどで転売屋まがいのことをして小遣いを稼ぐ事もあるから豊かなセミリタイア生活のためにも規制しないで、というのもあるがそれだけではない

結局、転売屋やるような奴らはまともに働けないからそんな事をやってる人間が多い

少年のころから転売屋になりたい、という人間はいない、そんな商品を右から左に流すしょうもない仕事に憧れる人間がどこにいる?

転売屋なんてやってるのは人生のどこかで大きく躓いた人間ばかり…

「よよよさん、財閥商社だって商品を右から左のお仕事なんですよ?転売屋ばかり批判されるのはおかしいじゃありませんか?」

だったら商社で働いてみてほしい、学歴、能力、経歴、人格、あらゆる面であなたははじかれるだろう

できもしないのに肩を並べた気でいるのはヘソで茶を沸かすはwww

そういう自尊心が高く他人から指図されるのが嫌いなせいでサラリーマンが続けられず、だからといって高い能力がないため新しく事業を始める事もできない人間が頼る最後の職業が転売屋だ

そんな特徴の人種を聞いたことがありませんか?そう、セミリタイアブロガーですよね

転売屋には僕と同じものを感じるんですよね

そうでもなければこれだけ世間から嫌われてると知っているにも関わらず、ささいな金のために転売に手を染める人間なんていないと思う

転売屋やってるようなのは転売ぐらいしかできない人間

僕も世間から疎まれているのが分かっててセミリタイアブロガーなんかやってウェイウェイとイキってるんで分かるんです

僕が無職でしか幸せを感じれないように、嫌われても転売屋にならざるをえない人間がいる

そんな人達から転売という生業を奪えば、社会性のない人間が大量に世に放たれることになる

「転売ヤーは消えろ」と言っているあなたは、ウィルスで他人が困ってる時にマスクを買い占めて高く売りつけました、という倫理観のない人と共に働きたいですか?きっと仕事もできないし、迷惑ばかりかけますよ?

世の平穏のためにはそういう人間を一般社会に解き放ってはいけない、転売屋は転売屋でいさせておくべきなんです

多少、人気商品が手に入りづらくなったり、高くなったりするのは、そういう社会性のない人達を大人しくさせておくための社会のコストだと受け入れる意味で規制はしないほうがいいと僕は思いますね

転売屋もセミリタイアブロガーも小さい世界で勝手にイキらせておくのが一番いい

それを踏まえて転売屋に言いたいのは、政府に重い腰を上げさせるな、ということ

Switchやチケットはいくら転売しても誰の命に関わる事ではないが、マスクなど健康や命に関わるものだと政府もそのうち重い腰を上げざるを得なくなる

フリマアプリなど新しい消費者取引は転売行為などへの規制がなく、基準作りも検討されている。消費者庁はマスクの転売について、「いたずらに心配する状況ではないが、注視する」としている。

日陰者が無事に自分の食い扶持を確保したいなら岩の陰から出てはいけない

目立って潰されないよう、日の目を見ないように僕らのようなもんは岩の陰でウネウネしているのが一番なのだ

僕はそのへんを分かってるので、このブログから出たところで偉そうに発言したりしない

調子に乗ってオフ会したり本を出したりテレビ出たり講演会をしたりは決してしないのである、これがクレバーな底辺の生き方だ

転売屋もマスクなどの世間の反感を買う転売はやめて、大人しくSwitchの転売でこれからも稼ごう!PS5だって来るんだから転売屋の未来は明るいよ!

僕は僕を含む底辺が底辺なりに楽しく生きていける社会を望むし、底辺自身も多くを望まず、足るを知る生活をしてほしいと思っています

そういう人間を完全排除しようとしたりするのも良くない、欲張って世間から反感を買うマスク転売に手を出すのも良くない、お互いに極端には走らずなぁなぁでいきましょうよ、と僕は岩の陰から思うのだった