29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

ネットでもニュースでもコロナの話ばかりで飽きたな

スポンサーリンク

どうもよよよです

マジカル無職日記

18日の夜、杵築市では初雪が降った

通りで朝、テントの中がしばれると思った

窓が結露していたのでカビが生えないように軽くぞうきんで拭き掃除をしました

運良く積もることはありませんでしたね、これくらいなら一種のイベントとして歓迎できるのですが

なんだか、近頃季節が後ずれしてると思うのは僕だけでしょうか?大分県でも10月に気温35度を記録したり季節外れだなぁと思うことが多い、それとも単に温暖化なだけ?

一年だの季節だの勝手に人間が言ってるだけなのでズレていってもおかしくないと思うんですよね

NVIDIA、ゲームストリーミング「GeForce NOW」欧米で正式スタート 月額5ドルとStadiaの半額 - ITmedia NEWS

GFNは、クラウド経由でゲームソフトをストリーミング配信するサービス。処理能力が非力なマシンやスマートフォンでも快適なプレイができる点や、セーブデータをクラウド上に保存するため、利用する環境を選ばずプレイを中断・再開できる点が特徴だ。Windows、Mac、Android、Shield TVで利用できる。

 Stadiaとの大きな違いは、GFNはゲームサービスのSteam、Uplay、Blizzard Battle.netの、GFNでもサポートしているゲームを既に購入していれば、それをストリーミングでプレイできる点だ。

Google STADIAが仕掛けようとしているクラウドゲームストリーミングサービスだが、俺が注目しているのはこの「GeForce NOW」だ

STADIAもいいが、ソフトラインナップを見ていると結局ゲームソフトが貧弱そうなんだよな…と思っていたところに、このサービスの登場に少々興奮気味であった

なんといっても将来的にはSteam、epic gameなどで既に購入したソフトを新たに買わずともクラウド上で遊べるというのだから素晴らしい

皆さんにもあるでしょう、セールでとりあえず買って眠っているSteamのゲームの数々

Steamのソフトが遊べるクラウドゲームサービスならラインナップに不満が出ることはないだろう

PCゲームにPCなんてもういらない!これは貧乏ゲーマーには朗報過ぎる!

頑張って高いPC買ってもすぐにゲームの質に追いつけなくなって最新ゲームは最高品質で遊べなくなる、PCゲームはそれがストレスだった

ネット環境さえあればモニターに最高品質のPCゲームが表示されプレイできるというのだから、革新と言っていいだろう

フィーンと唸る暑いパソコンの熱気や高い電気代などから解放されるのも、うれちい!

いま日本でもベータテストが行わているとのこと、日本の展開にはソフトバンクが絡んでるらしいので大丈夫かよ、という憂いもあるが、まぁ期待して待ちたいと思う

 

ニュース見てもネット掲示板見ても、みんな政治かコロナウィルスの話しかしてなくていいかげん飽きたな

まぁブログでコロナネタをさんざんこすっておいてなんだけど…

そういう話をするなとは言わんが、もっとお得な企業のキャンペーンの話とか、楽しくなる話をしてほしいね

え?こんなのんきなこと言ってられるのも正常性バイアスだって?なんでもいいよ、もう…

最近はビビりな人がそうでない人に「自分のほうがまともな反応!あいつらは正常性バイアスで正しく状況を認知できてない!」とマウント取るのが流行りだからな、バイアスとかも横文字言いたいだけだろ感がある


f:id:Jinseiyoyoyo:20200220031717j:image

先日、いつものように杵築市営温泉に行った帰り、ホカホカの身体で三川食堂で久しぶりに外食をしました

チーズチキンカツ250円、白飯140円

天かすとたくあんはサービスです

ごはんが少なくなったら醤油をかけて天かす丼にして食べました

なぜ外食したかというと、揚げ物が食べたくなったので…僕は家で揚げ物は全くしません、油の処理や油はねで台所が汚れるのが面倒くさいのです

まぁそれにしてもダイレックスでとんかつの惣菜買ったほうが安いけどね

僕だって時には「温泉の帰りに外食」という上級国民ごっこをしてみたくなるのです、わかるでしょう?

 

そろそろ杵築市でも毎年恒例「ひいな巡り」の季節

セミリタイア初年にガチでスタンプラリーに参加して山奥の会場に行ったことを思い出す、ちょっとセミリタイア初年ということではしゃいでたな

まぁ、少しお雛様を見て回るくらいにしてそこそこに楽しむのが一番いい、これが3年目無職のダンディズムな落ち着きだ

徐々に春の足音が聞こえてくる、無職3年目の春も楽しみたいものである