29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

俺はそのテラスハウスとかいう番組とその視聴者自体、誹謗中傷が起こりやすい環境を作り出していたと思うけどね

スポンサーリンク

どうもよよよです

f:id:Jinseiyoyoyo:20200524150624j:image

人間というのは愚かなので、誹謗中傷やイジメというのは絶対に無くなりません

そのうえで、我々大人はできる限り誹謗中傷やイジメを減らす方法や環境を整えることを考えなくてはいけないんですよ

そう考えると、俺はそのテラスハウスとかいう番組とその視聴者自体、誹謗中傷が起こりやすい環境を自ら作り出していたと思うけどね

その「テラスハウス」?僕は一度も見たことないですけど、人間関係、人間模様を娯楽としているクソみたいな番組なんでしょ?

人が人間関係に苦しんでる様を見てキャッキャッと喜んでいる

そんな番組を見た視聴者の感想となれば、あの番組のアイツはイイヤツ、コイツはイヤなヤツ、みたいな感想になるに決まってますよ

そしてその「番組上イヤなヤツ」がSNSをやってたりしたら、匿名アカウントから直接攻撃されるに決まってる

それは「想定できなかった」などと言い訳はできない、分かりきった事実

今回の誹謗中傷と呼ばれるネット民の個人攻撃は行き過ぎだとはいえ方向としては番組の趣旨的に沿ったもので、全うな楽しみ方をした結果生じた過剰反応・過剰意見ですから、何が悪いのかと言えば、「誹謗中傷ももちろんだけど、個人攻撃に発展しやすい人間模様というものをコンテンツにしたそんなクソ番組とそれを楽しい思える恥知らずの視聴者が悪いんじゃないの?」と思いますけどね

誹謗中傷した人間も当然悪いですけど、それだけではない

誹謗中傷を直接していなくとも人間関係のいざこざを他人が喜んで見ているという歪んだ環境、世間の人間たちのそんな卑しい心根の時点から間違いが起きていたんですよ

イジメが起きやすい状況を看過するどころかそれを楽しんでいた世間全員の責任、誹謗中傷した人間だけを責めてその罪から逃れようとするのは見苦しいのでおやめなさい、あなた達も同様に罪人、しっかり反省するべきです

あとは、人を批判するにしても時と場合を選べないってのも悪質というか、幼稚だよね

こんな情勢が不安定でプロレスラーとしての仕事が無くなって不安であろう時に大勢から個人攻撃されたら死にたくもなるわ

俺は長期休暇やボーナスで世間が浮かれている時に読者に痛い思いをしてほしくないという親心から、社畜という戒めワードを用いて警鐘を鳴らすこともあるけど、コロナで世情が不安定になってからは医療従事者が働き詰めだったり逆に働けない人も出てきて「本当に落ち込んでしまう人もいるだろうな」と思って社畜だなんて言ってないですもの

人類最後の人格者の僕はちゃんと社畜煽りも自粛中です

それとTwitterっていうのはこの件からも分かるとおり、簡単に人を殺すツール、わざわざ自分からやってるやつは全員やめるべきです

いつ自分が加害者になるか、被害者になるか分からない、その自覚がないまま気軽な日常の一部になってるのがとても危険

Twitterはイジメが起きやすい、まさにイジメの見本市のような存在でいいねやリツイートで数の暴力で他人を押しつぶしたり晒しあげたり匿名で攻撃できる悪魔の道具、そんなもんをもてはやすな

本当にあんたたち、クソ番組にしてもクソSNSにしても、他人にばっかりかまってないで、もっと自分のことに集中しなさいよ

自分がやるべきこと、楽しいことをやってれば他人がどうとかぜんぜん興味わかないから

俺もたまにコメント欄で叩かれてても、「あ、つまんない人達がなんか言ってるね」で終わりだから

その溢れ出る自信は、自分は自分の人生に集中していて楽しんでいる、だから他人の意見はどうでもいい、そういうところから湧いてくるんだよ、他人のことばかり気にしてる君たちには無いものだね

原動力が悪意にしろ、善意にしろ、他人にばっかり興味が湧くやつって、他人に依存していて自分が無いんだろうな

他人とのつながりだの、あの人とこの人の関係がどうだのと実にくだらない…

現実だけでなくネットでも人との密は避けるべき、良いこと何もなし

人が死んでからじゃないと気づけないバカ共が…番組の演出上悪者にさせられ亡くなった子がかわいそうに

しょうもないテレビしか楽しみがない、つまらない人間たちによって尊い命が失われた

つまらないだけなら本人の勝手だが他人はそのつまらない人生を刺激するための道具じゃないということを理解しなさい

イジメは完全に撲滅できないにしても、大人がよってたかってわざわざそのイジメの舞台を整えるような愚行は今後絶対に繰り返してはいけません