29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

あの有名ブロガーがついにブチギレ!?"失礼すぎる"ポイントばらまきに激怒した理由がヤバすぎる…

スポンサーリンク

※追記 登録者が殺到したためゲームアプリログインキャンペーンの新規エントリーは終了したようです

f:id:Jinseiyoyoyo:20190204203003j:plain

どうもよよよです

今日はお得な情報の拡散コーナーです

ネットで見つけた情報だがdポイントでいろいろお得なポイントばらまきをやっているので今参加している

この記事のリンクに関しては、他の金満ブロガーのようにリンクにアフィをこっそり忍ばせてたりしていないので安心してほしい

<最大6,000円分>ゲームで遊んでdポイント+ゲームアイテムもらえる!

f:id:Jinseiyoyoyo:20190204112955j:plain

エントリー&ゲームアプリのインストールで、dポイントが1000ポイント

さらに5日間のログインで1000ポイント

それがゲームが3つだから計6000ポイントだ

dポイントはドコモ契約者じゃなくても無料で作れるアカウントがあれば貯められるし使えるぞ

dポイントは1ポイント1円の等価

ゲームログインで6000円分のポイントがもらえるのだから、ヒマならやっておいたほうがよい

俺もdポイントは使ったことはないが、このdポイントはdマーケットで食品とか買えるそうだ ドコモの契約者ならAmazonでも使えるらしい

「でももらえるポイントはdポイント(用途限定)と書いてありますよ?ゲームの課金で使えるだけではないのですか?」

いや、dポイント(用途限定)というのは他のポイントに交換したりは出来ないよ、ということなんだと 買い物には普通に使える

そして注意点としてゲームのアプリはポイントが付与されるまでアンインストールしてはいけないらしい 1~2ヶ月はスマホの容量を圧迫することになる

ちなみに、ログインするだけと言ったがゲームのチュートリアルをクリアしなければエントリーのためのIDが見れない

興味のないゲームをプレイするというのはなかなか拷問だが、まぁ労働よりはマシだ

他にもキャンペーンはいろいろやっている

はじめてボーナス!d払いでdポイント1,000円分還元!キャンペーン

f:id:Jinseiyoyoyo:20190204115505j:plain

d払いアプリの登録&1000円以上の初利用で、1000ポイント還元

ポイントでの支払いは対象外

これもポイント付与までアプリは消しちゃダメ

ポイントキャンペーン【dショッピング/dポイントが使えるネット通販サイト】 | dショッピング

f:id:Jinseiyoyoyo:20190204120648j:plain

メールマガジンを購読してエントリーした上で、4つのストアで各1000円以上買い回りすれば4000ポイント

ポイント付与されるまでメールマガジンは解除してはダメ

まぁ使ってないメールアドレスでも登録しておこう

ご来店者さま限定ポイントバックキャンペーン(第3弾)【dショッピング/dポイントが使えるネット通販サイト】

f:id:Jinseiyoyoyo:20190204121421j:plain

上のとは違う、買い回りキャンペーン

2つのキャンペーンとも併用可能らしい

メルマガ購読とエントリーで1店につき500ポイントで最大4店の2000ポイント

d払い初利用と2つのキャンペーンをフル活用すれば、7000ポイント!ゲームが1本買えますね

とはいえ、俺はゲームアプリログインで6000ポイントのキャンペーンだけ参加するつもりです

買い回りキャンペーンは結局余計なもの買っちゃうからなぁ

まだ俺はチュートリアル全部クリアしてないが、ちまたの噂では「ゲームがクソすぎて草」とのこと それで6000円分もポイント貰えるならいいだろ!俺は我慢するよ

まぁ2月末までに5日間ログインすればいいので気長にやろう

ポイントもらったら米を買うのに使おう

今の時代、こういうばらまきキャンペーンはけっこうあるし、アンテナ立てて漏らさないようにすれば意外と働かなくても生きていけるのかもしれないよな

しかし、1人6000ポイントってけっこうなバラマキだよな Twitterで話題になってたからきっととんでもない額になるぞコレ

皆さんは複垢でやるなど不正はしないように、こういうのにこそ節操が必要なのです

無職は購買意欲低いくせにこういうキャンペーンに参加する時間があるし、無職にばかり宣伝する企業もかわいそうだ

豊かな時代に感謝して僕はチュートリアルに戻るのであった…