熱血硬派!人生よよよの貧乏セミリタイア塾!

今日の仕事は楽しみですか。

文句はそちらに言っていただきたいですね

どうもよよよです

f:id:Jinseiyoyoyo:20211023031431j:image

今日の16時からローソンアプリにログインして必ずどらもっちのタダ券をもらってください、先着40万枚限定でおそらく一瞬で無くなります

僕はこれのリツイートキャンペーンに参加しても一度も当たったことがありません、つまり初めて食べられるのです

200円もするらしいのでいつものロールケーキとは希少さが違います、僕も5分前からスタンバっておきます

f:id:Jinseiyoyoyo:20211022215219j:image

あっ、またよよよ式セミリタイアメソッドを聞きたいのですね?しょうがないなぁ

工場の仕事がローリスクなんて僕言いましたか?ちっともローリスクなんかではないですよ

おっしゃる通り、大怪我の恐れもあるし交代制があれば睡眠時間のリズムがガタガタ、どこも人を減らしてるので残業だって多い

ではなぜ薦めるのかというと、単純に高校卒で一番稼げるのが工場というだけです

基本給は今だと最初16万円程度でしょうが、交代制手当で+3万円、残業手当も夜勤の場合割増1.5倍、この前まで高校生だった小僧が20万円超える額をもらえるのは工場でしかありえません

他にどんな手がありますか?逆に教えて下さい

飲み屋のウェイター、商業高校で簿記取って事務、残業40時間やっても高卒18歳で手取り20万円超えをいきなりもらえますか?無理だと思います

工業高校入って勉強をしっかりやれとは言いません、素行だけは真面目にしておいて寮や安い社食など福利厚生の手厚い工場に入社し、その初年度20万超えの給料から月15万円ずつと年2回のボーナスを全額、投信に入れていけば30歳前には3000万円が貯まって優雅な貧乏セミリタイア生活に突入です

このリタイア方法の素晴らしいところは、本当になんの才能も必要ないことです

勉強なんか赤点回避できるぐらいでいいです、僕は実際赤点は何度も取っています

他のセミリタイア者ときたら、やれ、たまたま時流に乗って株で儲けましただの、良い大学に言って高給会社に勤めて順調に貯蓄してリタイアだの、運やもともとのおつむのデキに左右される、他人からすると一切再現性のないしょうもないリタイアです

僕の編み出した方法は運もなんの才能もなく誰でも全人類、セミリタイアへ到れるところが素晴らしいんですよ、たまにこれが無理だと言う人間がいますが単にやる気がないだけです

工場は仕事自体は確かにローリスクではないです、しかしやる気さえあれば交代制勤務も単純作業も若い体力で乗り越えられるはず!そして工場の仕事は危険で単調で手当に頼ってるだけで給料の伸びも良くないです、長く勤める仕事ではありません、資産が貯まったらさっさと辞めて杵築市に移住しましょう

それがもっとも苦労も努力と必要とせず、才能が無いバカできるセミリタイアです

まぁこのブログを読んでる年齢層は半分以上人生終わってる中年がほとんどですが、親戚の中学生の子などから社会に向かなそうなニオイがプンプンしたらこの方法を勧めてください

あの時、よよよセミリタイアメソッドを勧めてくれたおじさんが僕の人生を変えてくれたんだ、と猛烈に感謝し将来あなたが寝たきりになったときも介護の世話をしてくれるに違いありませんよ

f:id:Jinseiyoyoyo:20211023021852j:image

1億ぐらいじゃ何も変わらんでしょ

1億も3000万円も質素倹約に努めないと一生は暮らせない金額なんだから

ただ収入面では乞食案件などはしなくても良いかなと思います

ブログも収入面だけ考えると広告つけなくていいので、読みやすいブログになる

でも、乞食案件は結局僕の楽しい趣味なんですよね

どうすれば小銭が稼げるか考えるのはクリエイティブで想像力あふれる趣味です

おそらくこの楽しみを知った以上、1億あっても数百円の乞食をやるんですよね

ブログも広告無くてもやるだろうし、そう考えると何も変わらないかもしれない

初めから億持ちで社会に出たなら調子に乗ってもう少し羽振り生活を送っていかもしれませんが、今までガチガチに節約してきてポンと1億だけ渡されても人は途中からなかなか変われないと思いますよ、そういう中でたのしを見つける人間になってしまったんだから

まぁゲームくらいはPS5を躊躇なく買うぐらいにはなっているかもしれませんが

f:id:Jinseiyoyoyo:20211023023244j:image

あまり詳しいわけではないが、そういうのって競争率が高いのでは?特に単身向けは今後独居老人が増えるだろうと言われる中で保証人不要の物件となれば大変な倍率になるのは必至だと思います、そう簡単に入れるとは思えません

まぁ保証人がいないならそういう手も考える必要があるかもしれません

ただ、僕の場合は老後に親がいなくなっても保証人は兄家族に頼めばいいので問題は無いと思います

保証人を断ろうとしてもそれは行き場を失った僕が兄家族の家に行くしかないけどいいか?という事になるので、それが嫌なら保証人を引き受けざるを得ません

幼少時、大してお小遣いをくれなかったどケチで、人と話す時に目を合わせない気持ち悪い陰気なおじと一緒に暮らしたくはないでしょうから、それならば保証人を引き受けるしかない、という流れになるでしょうね

僕も別に迷惑をかけたいわけではないですが、悪いのは保証人という人とのトラブルを生みやすいシステムを家賃なんかに導入する業界とそれを放っておいている国が悪いので僕は自分を生きながらえさせるために出来ることをするだけでなにも悪くないです、文句はそちらに言っていただきたいですね