29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

僕は割と「自己責任論者」です

スポンサーリンク

どうもよよよです

f:id:Jinseiyoyoyo:20190213214414j:plain

「よよよさんは弱者に優しい♡」

と勘違いされている読者もいますが僕は割と昔から自己責任論者です

起こる全ての結果は自分のせいだとはっきり言えます

弱者になるのはそいつ自身のせいです

世の人が抱える悩みには様々なものがあります

「給料が安い」「恋人いない友達が少ない」「学歴がない」「親兄弟との関係が悪い」「職場の人間関係が悪い」「バレンタインチョコをもらえない」

全て自分のせいです 努力不足です 自分のやってきた行動から生まれい出たものです 誰のせいにもできません

生まれのせいでも、親、友達、恋人、まして社会や会社のせいではないんです

世の中、自分以外の他人や事象に責任転嫁する人間が多すぎです

上の世代でもいつまでも氷河期世代がどうだのとクダを巻いてるのもいますし、僕の同年代でもリーマンショックが重なったからいい職場にありつけなかった、と今でも言ってる者もいます

いやいや、それから何年経っているんだと… 長い間、アレのせいでよー、と言い訳してなにもしてなかったんだからお前はいるべきところにいるだけだ

お前は何も無かったとしても落ちこぼれには変わりないよ(笑)

もちろん不利な状況というのはあります しかし同じ条件で戦って自分より成果を出している存在のことを考えると、やはり結局は自分の努力不足だと言うところに着地します

不利な状況になった時にも、それを跳ね除けるさらなる努力をすればいいだけです

あの時は状況が悪かった、という後ろ向きな話は偉い社会学者とか経済学者に任せればいいのです 自分はその中でどう戦っていくか?を考えるべきです

自分の失敗を誰かのせいにしてしまったら、なにか成功した時も他人のおかげ、ということになってしまいます

なにかのせいにしていたら、いつまでも前進できません

有利な結果は自分のおかげ、失敗は自分のせい あるがままの結果を受け入れる強さを持った時、人は前進できるんです

僕はなにのせいにもせず、ここまで頑張ってきました だから僕の優雅なセミリタイアという結果も僕だけの成功です 他の誰のおかげでもありません

僕は今では孤独に暮らしバレンタインチョコをもらう相手もいません

しかしそれも自分のやってきた結果となれば、3割引きのチョコパンを買い自分で美味しく食べることに文句のつけようはなく、ありのままを受け入れるのみです

平日の会社員が苦しんでいるであろう今この時、チョコパンを優雅に食べられる身分であることに誇りを感じます