29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

いくら家族でもずっと一緒にいることの弊害…コロナ離婚が増えているらしい…

スポンサーリンク

コロナ離婚?窓口に殺到 外出自粛で夫婦関係悪化も

新型コロナウイルスは夫婦関係にも影を落としています。

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まりつつあるとされる中国で、離婚を考える夫婦が増えていると話題になっています。感染防止対策で窓口が閉まっていた間、手続きができなかった人が各地の離婚受付窓口に殺到しているということです。長期間の自宅隔離や在宅勤務で、夫婦がともに過ごす時間が長くなってストレスがたまり、夫婦げんかが増えていると指摘する声もあります。

新型コロナ騒動で「家族トラブル」の深刻化が危惧されるワケ | 依存する人々――現代ニッポンに潜む罠 | ダイヤモンド・オンライン

コロナのせいで世界的に離婚が増えているとのこと…コロナはどれだけの範囲に影響を与えていくんでしょうねぇ

外出自粛やテレワークで家にずっと夫婦でいることでストレスが溜まってるらしいです

一緒にいる時間が長ければ家族の絆が強まる、なんてドラマのようにはならないから現実ってのは非情です

妻側はご飯を毎食作らなくてはいけなくなったり家にいるのに家事育児を手伝わない旦那に苛立ち、旦那は旦那でどこか居場所がない自宅にこもるしかない苛立ちを互いにぶつけあい険悪に…

なんだか定年後の旦那がずっと家にいることに嫌気が指した妻がキレて熟年離婚、みたいな話ですね

まぁ僕はこうなることは予想してましたよ

だから人と一緒にずっといることへのリスクを回避してきたんです

パートナーも作りませんし、実家セミリタイアもしません

「よよよさん、孤独セミリタイアなんてカッコつけてますけど、いざ天災や病気などがあったらひとりで全部対応できるんですか?」

実際はこんなもんです、天災の時など非常時こそ互いに邪魔し合うのが人間ですよ

それならひとりのほうが対応しやすいってもんです

人ってのはどんなに親密な関係でも適切な距離というのがあるんです

いつでも助け合える距離、それはつまり、「いつでも互いに好きに文句を言えてしまう距離」ということですから、一回険悪ループに入ってしまうとどうしようもないんですよ

皆さんも経験ありませんか?

24時間一緒にいる状況で一回ケンカなんかしちゃうと顔を合わせるたびに先程のイライラ蘇ってきて、また小言を言ったりなんかしちゃって、相手の一挙手一投足に粗ばかり見えてきてしまったり最悪の悪循環

いつまでも仲睦まじくいたいからこそ、冷却期間も置けないほど同じ場所にいるしかない状況を作り出すべきではないんです

いざという時こそ、冷静になれる物理的な距離が必要なんですよ

だから僕は実家が一番コストが安く済むと分かっていても親と仲良くしたいから、ダラダラする自分を見せないようにある程度の距離をとって、たまに帰った時に少し親孝行するぐらいが一番良いことを知ってるんです

ずっと一緒にいることが仲良くする秘訣なんてことはありません

仕事などであえて顔を合わせない状況も冷静になるためには必要なのかもしれません

そういう意味ではコロナショックの現在だけでなく、皆さんが目指すセミリタイアの後も、夫婦ずっと24時間一緒にいるというのは考えものかもしれませんよ

仕事してたころは夫婦仲も良かったのに、セミリタイアした途端ケンカが絶えなくなった…なんてことになるかもしれません

セミリタイアしたあとも家にずっといないでたまに外に出たり、顔を合わせない工夫も必要になるのではないでしょうか?

ま、俺には関係のないことだけどね

そういう面倒なことが嫌だから孤独のセミリタイアなんだから

さて、ゲームの続きでもするか♪いくらダラダラしても誰にも何も気を使わない生活、サイコーーー!!!