熱血硬派!人生よよよの貧乏セミリタイア塾!

今日の仕事は楽しみですか。

僕は人間というより大人という生き物が嫌いなのかもしれない

どうもよよよです

f:id:Jinseiyoyoyo:20210524215817j:image

私は財布を高校生の頃から母親にもらった同じものを使っています

二つ折りのポーターというブランドのもので、丈夫で今までほつれたりしたことがありません

今まで変えようとしたこともあったんですが、財布のどこの部分にクレカや保険証を入れてるか決めてるんで、目をつぶってても取り出せるこの財布に戻ってきてしまうんですよね

捨てて後悔したもの?は小さい頃、遊戯王カードを裕福な友達からもらってたくさん持ってたんですが、一人暮らししてしばらくしたら親に捨てられてました

今、遊戯王カードって初期のカードがめちゃくちゃ高騰してて特別レアリティが高いカードでなくても初期なだけで数百円とかするんですよ

それがウン百枚あって、数枚は今では数千円するレアカードもあったと思うので、今売れば良いお小遣いになってたんじゃないか

金捨てたのと一緒ですよ、もったいない…f:id:Jinseiyoyoyo:20210524221824j:image

けっこうそういうのって後々になって響きますね、青春コンプレックスは後からいくら金を払っても解消できないから

でも大学生で付き合えたならまだ全然マシでしょう

30歳で異性と付き合ったことがない人って今3割いるらしいです、全然少数派ではない

まぁ30歳まで無かったんなら、その人には恋愛とかは必要ない人なんでしょうから、それはそれでいいと思いますけどね

僕は大人になってからの恋愛って本当につまらないと思っていて、適齢期になれば頭のどっかに将来設計やそれに伴う相手の値踏みをしているので、金をいくら持ってるかとか職業はなんだとかスペックから入るじゃないですか

僕は結婚したいという気持ちもないし、他人がいるとイライラしてしまう人間だし、そうなると異性に求めるものって無くなってしまうんですよね、加えてそういう打算を相手から感じるなんてことになると、つまらないなと言う事になるわけです、僕は人間というより大人という生き物が嫌いなのかもしれない

打算なく相手といれるのは中高生までだと思うんですよね

そういう意味ではおっしゃる通り大学生の歳から値踏みは始まってるかもしれないので、中高生の恋愛は貴重なんでしょうね

f:id:Jinseiyoyoyo:20210524223548j:image

名前は忘れましたけど、どっかの偉い芸術家が描いた「ただ真っ黒に塗りつぶされた絵」が数億円という価格が取引されているそうで、僕が真っ黒の絵を描いても1円にもならないでしょう

それと同じで、なぜ真っ黒な絵にたどり着いたのか、なぜその発信する意見に辿り着いたのか?その導線が無いと意見が意見として評価されないんでしょう

有名人はその経歴などが周知されていることが多いので「あの経験を踏まえて言ってるんだろうな」と言う事が分かるためすぐに評価はされやすいと思います

だから、無名な無職でも「私はこういう経緯でこの意見にたどり着きました」ということを明らかにするチャンスがあれば聞いてくれる人はいると思いますよ、僕で言うブログのような場所です

ただ問題は大半の無職は発言する前に発言する場所がない、ということです

家族や友達に「俺はなぁ、いろいろ考えてるんだよ!」と訴えてもハイハイと言われそこで終わり、フォロワー数人のアカウントで呟いても意味はなく、世の中に自分が何者であるかを説明するチャンスは無職には訪れないので、ただおかしな人として処理されるだけです

みんな有名人のタイムラインを追いかけるのに必死で、無職の事細かな経緯まで追ってくれず、信ぴょう性を精査してくれず、結果として「よくわからん無職の意見は信用できない」ということになるのです

無職の中にも賢人はいるだろうけど、皆短絡的な情報を求めてすぐネームバリューだけで信用する、悲しいことですf:id:Jinseiyoyoyo:20210524230200j:image

まぁその方がいいでしょう

セミリタイアしてから資産管理に追われて、あの個人銘柄はどうだ、こっちは暴落したから切らなきゃ、こっちは買い増そう、なんてしち面倒なことやってられませんよ

金勘定は投信で他人にやらせてもっとやりたい事に目を向けるべきです

自分のお金の情報はできるだけ見ないようにしたほうが良い、視野が狭くなって良からぬことしか起きない、いくら自分の資産を見てもできることなんて大してない

セミリタイアのために金を貯めたのに、金を貯める増やす事が目的になっている人は多い

必要なぶんだけでいいんですよ?皆さんはお金増やす方法ばかり考えるのではなく、もっと自分にとって必要なお金はいくらかを考えるのです、そしてそれ以上は稼がないことに努めるべきです