29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

無職になって半年経ちました

スポンサーリンク

どうもよよよです

おっはー

去年末、会社を辞めて自由の身になった最近オワコン呼ばわりされている新人セミリタイアブロガーです

そんなわたしは7月になった瞬間に無職半年記念日を迎えました、めでてぇなぁ

言いたいことはこれだけです

「無職はいいぞ!」

今日はそんな無職のメリットを当たり前なことも含めて振り返っていきましょう

1,時間に縛られることがない

まぁまずはこれですわな

在職中は何をするにしても「そんな時間が無いなぁ」でした

結果、会社とアパートの行き帰りをするロボットの完成です

1日8時間労働、あるいは残業でさらに…なんていうのはハッキリおかしいと今なら言えます、長すぎ働きすぎです

今は1日オールフリー、1日寝ててもゲームしても咎める人間はいません

2,出退勤しなくていい

意外とこのメリットの割合は大きくて、仕事してる時はルーチンワークだったので職場に来さえすれば身体は勝手に動くのですが、ほんとに会社に行くまでが苦痛でね

雨の日だったらムレムレの人間達がひっつき合うバス車内で泣きたくなることも多々ありました

というか僕が基本的に高温多湿人間なので、周りに嫌がられてないか?と心配する気苦労が多いんですけどね

毎日毎日、嫌になります

それがない、よい

3,いつでも遊びに行っていい

社会人が遊びの予定を建てるってなかなかの重労働だと思いませんか?

上司や職場のご機嫌を伺いつつ有給をとっても、天気が悪ければパー

今の僕は他の観光客がいない時期に沖縄に行ったり、平日のイベント目がけて移動もなんでもあり

遊びに行くのに仕事場とのバトルが必要だった在職時に比べアクティブになったのもその気軽さからかもしれませんね

4,好きなことに体力を使える

平日は我慢しても休日は遊ぶぞ!と息巻いていた在職時、でもいざ休日になると「うーん、明日も仕事だしこの辺にしとくか…」と自分をどこかでセーブしがち

今は「よーし、このゲームのボスを倒すまで絶対寝ないぞ!」と無茶も効きまくり

旅行中も体力使い切ってもまぁ帰ってから思う存分寝ればいいし、と開き直れる

楽しむのをセーブしてる趣味なんてつまらないのは当たり前、こうして社会人は気軽にできるスマホゲーポチポチにハマったり無趣味になったりしていくんだろうなぁと思うわけです

5,病気になった時、休める

社会人は「風邪」ではほとんど休めません、「風邪ぐらいで休むんじゃねぇよ!」とすら言われます

私もそうでした、軽い風邪なら、「休んで仕事が止まって周りに迷惑をかけたら?」と考えると休めませんでした

病気になった時寝ていることができる、これってなんでもないようでいて、社会人はできていない人がほとんどだと気づきましたね

少しの風邪なら無理に働いて、こじらせたらその医療費を稼ぐためにさらに働く、労働者とはそんな悲しき生き物なんです…

無職の僕は風邪くらいならゆっくり休んで直して医療費も節約です(*^^)v

6,社会への体裁を気にしなくなる

今ヒゲ伸びっぱなしです、剃るのがめんどくさいから…

正直、会社員だった頃から体裁は気にしないほうだったのですが、今はさらにそれが進行しています

オフの日でも会社員はずっと仮面を外すことはありません

僕は無精ヒゲを生やして気持ち悪がられても困るのは自分だけ

会社の看板を背負わず、俺は俺自身のことだけを考えて生きていけばいい

7,気持ちが穏やかになれる

過去のブログ記事を見れば分かりますが在職中の僕は荒れています

酒を飲み、酒を飲んだ勢いでそのままブログを書き、社会への不満を漏らす

それが今はどうでしょう?まさしく菩薩状態、ずっとニコニコ、読者からの煽りも「うーんネタになるからよし!」と受け入れられるほどに人間としての器がでかくなりました

ささくれだったよよよさんはどこへやら、剥きたて卵のようなトゥルントゥルンの光り輝くよよよさんなんです

現在は僕の幸せをなんとか読者にお届け出来ないかと試行錯誤する毎日です

8,出費が少なくなる

皆さんは働くことで出費が多くなっていることにもっと気づくべきです

先程の僕の酒の話もそうですが、ストレス解消のため、遊びや酒に走ったり…

職場での飲み会、付き合いのランチ…

スーツのクリーニング代も自分で出す会社もあると聞きます

働くのは金がかかるんです

僕は退職することで新たな節約の極地へ至っています

ガスなし生活もIHで沸かす時間があるからできるので、働きながらは難しかったでしょう

「今のままの出費ではセミリタイアはできない」と嘆く方も退職したら意外と生活費は少なくて済んだ、なんてこともあるかもしれません

9,人間関係も自由

職場にイヤなやつって1人はいるじゃないですか

コミュニケーションは大事、とはいえあんな奴と上手くやっていくことなんて出来ない!

毎日顔を合わせる狭い職場、付き合う人間も限定され、顔も見飽きた…

そもそも自分は1人が好き…

それでも和気あいあいな職場を気取らなくてはいけない、そう、金のためならば!

大変ですよね

逃げることも出来ず、カマキリと同じ虫かごの中に入れられた気分になります

しかし!無職ならば、イヤなヤツとは付き合う必要はないんです

好きな人とだけ付き合ったり、1人が好きなら徹底的に1人で生きることも思いのまま!

どんどん沈んでいきましょう、孤独の沼へと…

10,仕事をしなくていい

「え?」と思ったかもしれません

皆さん知ってましたか?

仕事を辞めれば仕事ってしなくていいんですよ?

当たり前じゃないか、ゲームのし過ぎでついにイカれたか?ですって?

でも、けっこうその視点が抜けてる大人って多い気がしています

まるで仕事は自分に張り付いて絶対逃げ出せないものかのように

過労で自分を命を絶ったり、病んでる人を見るとね

仕事やめれば仕事しなくていいのに…と思うわけです

特に僕は職場で無能でしたから、怒鳴られイヤミを言われることも日常茶飯事でした

そこから解放される

給料がもらえなくなる、はぁ、それがなに?って感じです

なぜ自分を否定される場所へ通い続けなければいけないのでしょう?

ダンボール係の仕事も飽きた、とかそういう次元を通り過ぎて、ノイローゼ気味ですから

仕事をしなくていい、それだけで幸せゲージが50%近く溜まります

いかがでしたでしょうか?

無職になったら得られるメリット10選

まあ正直細かいことを言い出すとキリがないくらいあります

それらは今後のブログで語られるといいですね

まぁ、デメリットもないことはないのでそれも今後語っていきましょう

とりあえず、僕は半年経っても「やめてよかった」と考えていることを皆さんにはお伝えしたいです

セミリタイアなので働く選択肢を完全に除外したわけではありませんが

よほどいい条件でないと働く気になれないでしょうね、それほど無職は居心地がいいです

社会復帰できないぐらいに野生に戻らないように注意しつつ、ダラダラと生きていきたいと思っております