29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

いきなり食費1万円生活に挑むのは、練習せずにフルマラソンに挑むのと同じです

スポンサーリンク

どうもよよよです

サッカー日本代表初戦勝利おめでとう!🎊

手に汗握る試合でしたねー!

サッカー大好き小僧ことよよよさんもハラハラしながらNHKのアプリで視聴させていただきました!

このNHKのアプリが視聴しやすくて驚きました、こんなアプリを無料で提供してくれるNHKさんは庶民の味方やで!

NHK最高!サッカー最高!

f:id:Jinseiyoyoyo:20180619165109j:plain

質問が届きましたが、まぁこれに関しては急に無理に真似する必要はないのかなと思います

僕は特殊な訓練を積んだプロということをお忘れなく

食費1万円生活というのは陸上競技でいうとフルマラソンを走りきるぐらいの難易度なので、それをいきなりやるのは無謀というものです

つい節約だと「使わなきゃいいだけなんだから楽勝でしょ笑」と思ってしまいがちですが、日々のジョギング練習で徐々に走る距離を伸ばすように節約も徐々に慣らすのが肝要と言えるでしょう

毎日外食でもしないかぎりお好み焼きフリスビーを食べ続ける必要はないと思います、まずは頑張って自炊を心がける程度から始めてください

知っての通り僕だってたまに外食しますからね

毎月食費に2万円程度かかっても

食費2万円

光熱費1万円

雑費5000円 携帯、ネット代5000円

家賃1万円(参考…杵築市アパート在住の男性)

で生活費5万円生活は可能となっています

ここまで生活費を下げられれば貯蓄もすごいスピードでできるでしょうし、ある程度資産があれば軽くアルバイトしながらのセミリタイアも視野に入ってくるでしょうね

食費2万円も使えたら天国でしょうね…ぜいたくのしすぎで人としてダメになってしまいそうです

僕は食費1万円生活ぐらいが身の丈に合っています

スペースが余ったので今日はよよよ的オススメ食材をご紹介しましょう

パスタ

f:id:Jinseiyoyoyo:20180619174458j:plain

1kg 221円 ネットで買うなら爽快ドラッグのこれが安いです

近所のスーパーの安売りを狙ったほうがいい場合もあります、チラシをチェックする癖をつけましょう

100g 23円ですから100円メシを達成するならあと77円分はソースに使うことができます 肉も野菜も十分使えますね

パスタはなんでも合うので飽きにくいです

小麦粉に飽きたらこっちでお茶を濁しましょう

白いご飯に塩をかけて食べるだけだとなんともミジメな気持ちになってきますが、パスタに塩とオリーブオイルをかければなんだかイケてる雰囲気が出るから不思議ですね

まぁただ腹を満たすならやはり小麦粉のほうが安いんですけどね

豆腐

パスタや小麦粉だと糖質が気になる方はこちら

ご飯の代わりに主食として食べる方もいるようです

僕もちょっと最近食べ過ぎたなという時には、豆腐一丁まるまる使った野菜炒めを作って主食はなしでその1品だけで食事を終わらせることもあります

安い、栄養がある、ボリュームがあり腹が満たせる、うまい、文句なしの食材です

ちなみに僕はもめん豆腐しか買いません、絹ごしはなんだか食べた気がしないんですよね

野菜部門

キャベツ・もやし・豆苗・にんじん・まいたけ辺りをおつとめ品コーナーで狙って買ってるかな

それをきざんで野菜炒め、お好み焼きにいれたり、味噌汁にしたり…

まいたけは優秀だよ、肉が買えない時はまいたけでごまかせる、インスタントラーメンを作るときに一緒に煮込むとダシが出てめちゃウマ、それに生卵を落とせばラーメン屋なんて行く必要ないね

お好み焼きフリスビー生活はトマト系の栄養が足りないと感じてるので、パスタ食べる時はトマト多めに使ってミートソースで食べたりすると良いですね

そんな試行錯誤の繰り返しで僕は飽きずに食費1万円生活を目指して頑張っています

フリスビーだけではさすがに僕も飽きます、ここまでは長い道のりでした

僕が節約フルマラソンができるようになったのは日々の研鑽のおかげであり、皆さんが簡単に真似できるものではないです

いきなり無謀なフルマラソンにチャレンジして失敗、「こんな生活ができるわけない!よよよはバーチャルブロガー!」と叫ぶのはやめましょう

節約に王道なし、僕のは参考程度にして、ご自身が続けられる節約方法を見つけることに注力したほうがよいでしょうね

既に優雅な生活を送る僕の背を追いかけたくなる気持ちは分かりますが、僕はあくまできっかけ、奇跡を起こした日本代表のように自分のスタイルを貫いてください