29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

真実に到達させてはいけない

スポンサーリンク

どうもよよよです

昨日話した世間の人らが引きこもり生活の経済合理性に気づいてしまうことも心配ですが、それだけでなくさらに事態は深刻化しているようです

新型コロナの影響で増える“退職代行”…なぜこのタイミング?担当者に聞いてみた - FNN.jpプライムオンライン

新型コロナウイルスの影響で退職代行サービスの利用者が増えている
退職代行業者「2月3月は2割程度増えています」
自宅待機、テレワークで突然会社に行かなくなる後ろめたさが軽減

なんと退職代行業者を用いて、退職する人が増えているんだとか…

あー自分たちが冷遇されていることについに気づいちゃったかー、って感じです

まぁ分かりますよ、人間、渦中にいると自分の境遇は客観視できないものです

「職場のみんなやってるからこれが普通」

これがいわゆる社畜の洗脳で、社畜の洗脳を解く方法は実はすごく簡単、会社に行かないこと、ただそれだけなんです

「あれ?なんで自分はあんなに身を粉にして一生懸命働いていたんだろう?」

どれだけモーレツ社畜でも会社に行かずに少し自分の頭で考え始めればメッキが剥がれるのは早い

仕事への忠誠なんてそんなものです、一回冷静になれば仕事なんて心身の健康など賭ける価値のないものだとすぐ分かります

だから、世の経営者は普段、労働者を冷静にさせまいと残業、休日出勤、多くの仕事を振り、あれやこれやの手を使って労働者を忙殺し、「考えるのは俺たちの仕事だから君たちは身体を動かせばいいよ(^_^)」と思考の主導権を奪うのです

主導権を奪えばあとはやりたい放題です、仕事は自分を犠牲にする価値のあるもの、会社は悪くない自分たちが悪い、そんな会社にとって都合のいい価値観を刷り込ませ放題です

刷り込ませられた状態がいつもの皆さんであり日本を支える労働者の姿なのです

そのおかげでこんな資源のない国でも人的資源をボロボロに使い潰すことで経済大国になれたのです

しかし、今回幸か不幸か、コロナによりやむなく自宅待機やテレワークをすることにより、労働者に一番与えてはいけない「考える時間」を与えてしまった…それがこの退職代行業者の利用者増加に繋がったと考えるのが自然でしょう

まずい、会社に行かないことで洗脳が解け始めている…世の経営者は焦っているはずです

そしてもちろん僕ことセミリタイアブロガーも焦りは隠せません、僕が今後も安寧のセミリタイアを続けていくには現在の社会体制を維持する必要があり、それには皆さんことモーレツ労働者が洗脳されたまま、なにも考えずに働いてくれるのが必要不可欠だからです

これは良くない兆候だ

なんだ?これは?コロナを機にあらゆることが変わろうとしている…?なんだろう、吹いている、風が…少なくとも俺の方ではない方向に…

一刻も早くコロナ騒ぎを収束させ、元の日常が帰ってくるのを願うばかりです

世間の奴らを真実に到達させてはいけない