29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

ボビー・オロゴンさん(54歳)をセミリタイアで救いたい…

スポンサーリンク

どうもよよよです

ボビー・オロゴン容疑者逮捕 妻たたいた疑い、否認: 日本経済新聞妻の顔面を指先でたたいたとして、埼玉県警は16日、タレントのボビー・オロゴン(本名・近田ボビー)容疑者(54)を暴行の疑いで現行犯逮捕した。県警によると「暴力はやっていない」と否認している。

救いてぇ…

いよいよ世間の人間が狂い始めたな、と僕が危惧していたことが起こり始めました

僕は今までのボビー・オロゴンさんを見ている限りでは家族を大事にしている人だと思っています

奥さんのことも普段はパートナーとして尊重しているのだと

暴力はボビーさんは否認していて事実かどうかは分からないにしろ、激しい口論があったことは間違いなく、仲のいいはずのボビー家庭でなぜこんな事が起こってしまったのか?

物事には良い面があれば、必ず悪い面もあるんです

「相手を尊重する」…こんな良い事でしかないと思われがちな事柄でも、悪い面があります

時には人間、ひとりで物思いにふけりたい瞬間があったり、意味もなくイライラしていることがあります

そんな時でも尊重しなくてはいけない相手が常に隣にいる、それは明らかなストレスです

以前から僕が申し上げている通り、「親しき仲にもソーシャルディスタンスあり」とはまさしくこの事であります

もういい加減やめませんか?「家族なら常に一緒にいるべき」という価値観の押し付け

家族ならパーソナルスペースをどんなに侵してもいい、そのおかしな常識から脱却すべきです

この自粛期間中、「過干渉」タイプの人間が家族の中にいたら大変だなと、ふと思いました

尊重ならまだいいが、他人に過剰に干渉しているだけの人もいますからね

よく親子の関係で、親が子どもに過干渉だと人格が歪むなんて言われるのを聴きます

過干渉は「支配」であり、人の自由を奪う虐待であります

逃げ場のない家庭の中で、過干渉の人間と一緒にいるのは地獄です

この自粛の世で過干渉という名の虐待が行われている家庭もあるんでしょうね、心配です

それは夫婦間でも同じ、心配するがあまりに互いに干渉しあい、互いの領分を侵し合い、傷つけ合う

やたらとコミュニケーション重視の世の中ですが、同時に人は人とのコミュニケーションが過剰だと簡単に狂ってしまう不思議な存在でもある、もっと人は独立して生きるべき生物なのです

ボビーさん、あなたも少しひとりになるべきだ、よよよ式孤高のセミリタイアをおすすめしますよ