29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

プライドが傷つきました…

スポンサーリンク

どうもよよよです

今日はただの日記だ

f:id:Jinseiyoyoyo:20190313035420j:plain

花粉との戦いは続いていますが嬉しいことに春の陽気が徐々に近づいて来たようです 皆さんはいかがお過ごしでしょうか

そんな陽気とは裏腹に、先日僕にとてもショッキングなことが起こった

今日も今日とて途中のFF13ー2の続きでもやろうかなとPS3を起動する…はずが、最初のロードでディスクを読み込むウィンウィンという音はするが、画面になにも表示されないのである

あれ?ディスクに傷でもついてるかな?と思い、他のゲームソフトなどを入れ替えて読み込ませて見るが、変わらず画面は真っ黒

10年選手のPS3がついにイカれてしまったらしい 戦友がまた1人逝った

うわぁーまだまだやってないゲームがあるのに…

PS3自体は起動できていて、ダウンロードしたゲームは遊べるので、やはりディスクを読み込むカメラとかその辺の機構がおかしいに違いない

うーん、最近はほとんどPS4ばかりやっているし、高い金出して修理出すのもなぁ 修理出すなら買い直したほうがいいだろう PS3ならメルカリで7~8000円ぐらいだし

買い換える前に自分で分解してワンチャンに賭けてみるか…ダメだったら買い替え

俺はゲームするために無職になったんだから金に糸目はつけないぞ

PS3ができなくなったので、PS4の地球防衛軍4.1を始めた 今月のPSplusのフリープレイだ

f:id:Jinseiyoyoyo:20190313035446j:plain

地球防衛軍といえば巨大アリ

リメイクということでグラフィックに古臭さも多少ありますが、懐かしさもあり楽しくプレイできています

旧作を高校生のころインフェルノまでやり込んだなぁ インフェルノだとアリにちょっと齧られただけで即死するんですよね まぁ普通に考えたらこんなアリに噛まれたら即死か

インフェルノまでやるかは分からないがしばらく楽しめそうです

アサシンクリードはメインシナリオをクリアしましたがサブクエがまだまだ残ってるので、地球防衛軍が落ち着いたらやるつもりです

しかしとんでもないボリュームですね サブクエもある程度やりつつメインシナリオクリアしたのが160時間経過した時でした

これでまだDLCもあるというのだから恐ろしい でもとりあえずDLCはまだいいかな 忘れた頃に買うかもしれない

ところで、遠出用に原付バイクが欲しいかも?と前に言ったが思案の末やはり買わないことにした

二段階右折だの時速30キロ制限だの面倒くさすぎ

125ccの小型バイクならそういうのもないけど、小型二種の免許持ってないし…持ってたらそういう選択肢もあったけど

これまで通り近場は自転車、遠出は公共交通機関のスタイルでいいや

バスが運行していない夜のイベントに行くのは残念だけどスッパリ諦めよう 自転車では夜の長距離は危ない、ということで考えたけど夜のバイクも結局危ないしな

その自転車では最近暖かくなってきたので花粉を我慢しつつサイクリングを楽しんでいるよ

神社やお寺を見つけたらフラフラと入って徘徊する趣味も続けています

f:id:Jinseiyoyoyo:20190313042232j:plain

古い建物、なにかワビサビがあっていいですよね

f:id:Jinseiyoyoyo:20190313041932j:plain

ここの床の下に猫がいたので姿勢を低くして写真を撮ろうとしたら、とんでもない速さで逃げていってしまいました 俺は害も職もないただの優しい人間なのに…僕から反社会的ななにかを感じ取ったのでしょうか

f:id:Jinseiyoyoyo:20190313042530j:plain

敷地内の一角にこんな石が置いてありました

確かに、一見楽勝に持ち上げられそうな気がします

しかし持ち上げようとすると、石の形が悪いため石の片方ばかりが持ち上がり、もう片側に重さが傾いてしまう

結果バランスが悪い体勢になってしまい力を込められなくなり、うまく持ち上げることができません

なるほどなかなか手強い

角度を変えたり、持ち方を変えたりしますが…結局持ち上がりませんでした

肉体労働で鍛えた腕力には自信があったのですのけどね…プライドがズタズタです…

退職してからゲームのコントローラー以上に重い物を持ってないので腕力が衰えたでしょうか…ショックです

僕は「覚えてろ!」といつかのリベンジを誓い、とっとと逃げ帰りました

3月の無職も季節の移ろいとの触れ合いを大事にしつつ、安らかな日常を享受していく…