29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

老後までに貯蓄2000万円ってそんなに無理?俺は27歳で達成したけど…

スポンサーリンク

どうもよよよです

世間は老後資金2000万円必要問題で、「そんなに貯められない!」と炎上していますが…老後までに2000万円貯める、それだけでそんなに騒ぐことでしょうか?

そもそも私の節約生活なら年金だけでほとんど暮らせるので老後2000万円も必要ないと思っていますが世間の人はそうはいかないでしょう

わたしより贅沢な生活を送る世間の人は一切貯金せず年金だけを頼りに老後生活に突入するつもりだったのか?まるでみんな今さら気づいたような口ぶりですが

ぜんぜんまったく、これは自慢ではないのですが、私は27歳の時には2000万円の貯蓄は達成していました

その時の記録⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

資産公開(2016.11)4週目 - 29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

もちろんこれは投信だけでこの他にも普通預金はありますのでそれを合わせるともっと早いです

セミリタイアブログだとか投資ブログばかり読んでいるせいかもしれませんが、わたし以外でも20代30代で2~3000万円くらいの資産の人が多いので、最近の若者は堅実でそれくらいみんな貯金してるもんだと思ってました

ご存知の通り、新卒時手取り15万円で、その11年後でも、手取り18万円の男ですよ、僕は高給取りなんかじゃありません

その僕でさえ頑張れば20代で達成できる目標をずいぶん世間の人は大げさに言うのだなぁという印象だったのですが、これはどうも僕と世間の間に価値観のズレがあるようです

僕のように青春を全て貯金に捧げろとは言いませんが皆さんは40年、50年働いてそのお金を貯めるわけですよね

40年働くとして、2000万円貯めるなら1年50万円の貯蓄 1ヶ月4万円くらいの貯蓄 ボーナスなくてもできる範囲だし、ボーナスを貯金できればもっと軽くなる

うーん、手取り18万円から10万円投信にぶっ込み続けた僕からすると、月4万円の貯蓄はやはりそこまで無理だと騒ぎ立てるほどの目標とは思えません

優秀でもない高卒底辺工場作業員が20代後半で蓄えられるお金です、2000万円は

それを40年かけて貯めるんだから、そんなに高いハードルでは無いはずです

世間の人たちは大袈裟すぎる

そう思う僕の価値観が狂っているのでしょうか?

思うに、世間の人って「貯金できない」んじゃなくて「貯金したくない」んだろうな、と思います

こう言うと「貯金したくないわけないじゃないか!」と怒られそうですが

僕から見ればその貯金したい、という気持ちがとても弱いんだろうな、と思います

それより今の生活より生活レベルを落としたくない、その欲求に取り憑かれているんです

僕も日々読者から様々な「言い訳」を聞かされますから

お風呂でガスも使いたいし、寒さしのぎに部屋にテントなんて張りたくない

交際費節約のために人間関係を絶って1人ぼっちになるのはいやだ

…フン、それじゃあ、2000万円貯蓄はムリでしょうね

それだけわがままな言い訳を言ってるうちはね

貯金できないんじゃなくて、皆さんは貯金するための苦労をしたくないんですよ 自分の欲求に我慢せず従うことが最優先で将来の安泰は二の次

「将来より今が大事」という考えは否定しません 僕もそうですから

今が大事だからこそお金を貯めてセミリタイアし今の時間を買ったんです

もちろん責任は自分、です

僕はなにがあっても自己責任の精神でセミリタイアを目指してきました

そういう他人のせいにしない精神力があったから、セミリタイアという夢を叶えられたんでしょうね

それがそもそもの世間と僕の価値観のズレの原因かもしれません

なんてこった、俺は精神力が強すぎて、世間の人達の気持ちに寄り添ってあげられないのか…悲しい…

決して自慢ではないのですが、僕は27歳で皆さんが「40年働いても絶対ムリ!」と音をあげた貯蓄額に到達してしまったので、皆さんの気持ちを分かってあげられません、クソっ!ドン!(ここで悔しさから壁を殴る)

せめて、できることなら貯められない人に僕が家計管理してあげたいくらいですよ

個人事業としてそういうサービスを始めようかな?

まぁ僕が家計管理するなると、まずガスを解約してください、から始めるのでそれで良ければ、ですが…

あ、やっぱりやめよう 面倒だわ(笑)

このブログに来るくらいの人はだいたい既に節約はやってる人だし

正直、他人の老後なんて知ったことではないし、俺は俺のセミリタイア生活を楽しめればそれでいい

世間のよく分からない炎上を横目で見ながら、僕は僕のセミリタイアをエンジョイしていく…