29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

移転しました。お手数ですがhttp://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/にブックマーク、リンクの変更などお願いします

スポンサーリンク

これが俺の考えた絶対に少子化を解決する最強の方法だ!!

スポンサーリンク

どうもよよよです

子どもの数、過去最少更新 38年連続減少を記録 - FNN.jpプライムオンライン

こどもの日ということで、こどもに関する記事がバズっていた

こどもの数が過去最小とのこと、由々しき事態である

少子化を簡単に絶対解決できる方法を僕は知ってるんですが、皆さん聞きたいですか?

晩婚化が進んでいますが、30歳を過ぎれば判断力もつき、その場のノリに流されることも少なくなります

もっと結婚や子作りはその場のノリや勢いでさせるべきなんです

20歳のまだ損得勘定が上手くないうちにどんどん若者を恋愛に向かわせ判断力がないうちに結婚させる

それが少子化を解決する唯一の方法です

どうすれば20代のうちに若者に結婚させられるか? そもそもなぜ今はしないのか?

他のところである程度満たされてしまっているからです

具体的に言うと娯楽が充実しすぎています

土日祝日は中国みたいにネットを遮断すればいいんです

これはマジで絶対に成功すると思います

とにかく現代は気楽に楽しめるインドア娯楽が特にネットに溢れすぎていて、時々面倒なこともある異性との遊びに気が向かないんですよ

「彼女は欲しいけど、面倒だし…それよりソシャゲのこのキャラに課金して限凸させればなぜか半裸になってくれるからそのほうが気楽!このキャラの女の子が俺の嫁だお!」

ネットでの娯楽のほうが簡単に刺激が手に入るから自分に負担がかかる恋愛をしたがりません

SNSの発達により人恋しさがある程度満たされてしまってる部分もあるので、SNSや娯楽に関するサイトを日本政府が遮断するんです 調べもののためにウィキペディアだけ見られるようにします

そうすれば休日やることがなくなり人恋しさから若者は「暇だから彼女でも作るか」と必ずなります

昔の異性と関わる時間が今ではインターネットと関わる時間に吸い取られているのです

恋愛、結婚や子どもを育てる以外のところで、満たされてしまっている

だったら若者からネットを奪い、恋愛もひとつの娯楽として選択肢に入るようにしてやればいい

世の中の人々がいう「経済的な問題ガー」とかは建前だと思います そんなに人間は理性的じゃないです

そんな問題を政府が逐一解決していっても若者が次の言い訳をして異性との関わりを避けます

「今は他に楽しいことがあるから無理に恋愛・結婚しなくても…」これが全てです

後進国の娯楽が少ない国がやたらと子沢山だったりするのは働き手が欲しい、ということになっていますが違います それ以外にやることがないからです

まぁそれと、今のネットには勝ち組負け組論が蔓延っていますから、恋愛・結婚に対するハードルが上がっていますよね

「大卒以上、婚歴なし、上場1部企業勤め、年収500万円以上と結婚しないと負け組」

そんな極端な情報を何度も目にしていると、そんなつもりはなくても影響されてしまうものです

休日はネットから離れさせて実際の人と触れ合わせることが重要でしょう

高卒のダンボール係の年収300万円代の人にだって魅力的な人はいるんだよってことは実際に触れ合えばすぐに分かることですから

まぁ僕は30歳を超えて判断力がついてしまい、なにが自分にとっての幸せなのか真理に気づいてしまったので、どうあがいても結婚、子育てなんてしませんけどね

こうならないように20代のうちに外堀を埋めてやるのです

若者から娯楽を奪い、判断力がないうちに結婚させる、これが絶対に少子化を解決する方法です

今すぐネットを免許制にし、30歳からのみ、休日もネットにアクセスできるようにしてください

令和ベビーブームの立役者として、僕の名前が教科書に載る日もそう遠くはないのかもしれませんね